死者をきちんと供養しましょう

お墓の悩みってどこに相談すればいいの?そんなあなたへ! - 石を選びましょう

石を選びましょう

霊園によって、建てるお墓の石材にも気を配りましょう。石によって、価格は大きく変わりますが、高いものが良いというわけではありません。石によって特性も変わってきますので、まずは自分の霊園の気候や状況は確認をしていきましょう。
そもそもお墓に使われる石として必要なことはなんでしょうか。国内、国外を合わせて墓石に使われる石は三百近くの種類があるのですが、まず何十年も建ちつづけていなければなりませんから、丈夫で硬いことは大前提の条件の一つです。それから、石の劣化の原因の一つは水を吸って柔らかくなってしまうことですから、水を吸いにくい石であることも重要です。そして、何より時間経過ですぐに傷んでしまう石では困りますから、長持ちをすることは大切な要因です。墓石としてはこれらの条件が必要なわけです。
ここからさらに自分の霊園がある地域の風土にふさわしいものを選んでいくわけです。例えば、花粉の多い地域で人気の墓石は白っぽい色のものです。花粉が落ちても目立ちません。また、同じ理由で、火山灰が多く降る鹿児島などの地域の墓石は、灰の色と同じような色の墓石が人気になっています。このように自分の地域の特色も合わせて考えなければなりませんので、値段で墓石を選ぶわけではないのです。まずは自分の望む色などがあれば、墓石のサンプルなどを石材店で見せてもらいましょう。また、墓石の劣化などが気になるようであれば、すでに建立してから年数の経つ、墓石を見せてもらいましょう。その中で気に入ったものを選べばよいですね。
とはいえ、わたしたち購入者は石について、特別詳しいわけではありません。ですから、まずは信用できる石材店を見つけましょう。餅は餅屋ですから、詳しい石材店のスタッフに自分の要望を伝え、ふさわしい石を探してもらいましょう。一生に一度の買い物ですから、納得してからお金が払えるとよいでしょう。怪しい割引などで劣悪なものをつかまされることもありますから、まずは信頼できる霊園、石材店を探すことが大切です。
お墓を建立する際に霊園の見学に行くことはありますが、実は石材店から選ぶという方法もあります。せっかく良い霊園を見つけても、施工の業者は指定があることがあります。霊園の内容には満足をしているものの施工店に納得ができない場合もあるでしょう。そのような際には、逆に自分の好みの石材店から選ぶことも可能です。石材店の方と相談をし、自分にあった霊園を探すことができます。特に自分一人でお墓のことを考えていた人には良いことであると思います。一人での活動ではやはり限界があります。誰かと相談をすべきだとわかっていても、近くに相談のできる相手がいない。そんなときには、やはりプロの力を頼りましょう。石材店のスタッフはお墓のプロですから、自分の疑問をいろいろとぶつけて、納得のいくお墓を作りましょう。
uytjhgf-300x2831

自分にとって、頼ることができる石材店はありますか。もし、まだない場合は信頼できる石材店を探しに行きましょう。そのときの基準は、一つには社歴の長さです。お墓の購入は一生に一度が基本です。その分、高い買い物になるわけですが、購入者にとっては初めての経験です。そんな人に対して、どのような態度でスタッフが接するのか。良ければ、良い評判が広まり、逆に悪ければその評判もまたたく間に広まるでしょう。高い商品を売っているからこその信用商売なんですね。だから、悪い評判が立つとすぐに会社がつぶれます。長く続けている会社は、それだけでも信用できるとも言えます。また新しい会社でも、もちろん良い石材店はあります。その際にはまず、自分が相談に行くわけですが、自分の話を最後までじっくり聞いて答えてくれる石材店を選びましょう。営業トークになったり、専門用語ばかりを使ってわかりにくい説明をする石材店は要注意です。
いろいろと説明しましたが、最終的には自分にとって、一番相性の良い人を選ぶことです。霊園を決めて、墓石を選べば終わり。ということではありません。そのあともずっと、その石材店と付き合っていくのですから、本当に信用できる相手なのかをしっかりと見極めましょう。

Copyright(C)2015 死者をきちんと供養しましょう All Rights Reserved.